ご挨拶
ホメオパシーとは
スクールの特徴
講師紹介
受講生の声


コースのご案内
ナチュロパシーコース
専門家養成コース
専門家通信コース
セルフケアコース


セッションのご案内
学校スケジュール


良くあるご質問


東京スクールオブホメオパシー


リンク集
お問合せ

会社概要



  講師紹介




黒澤今日子
株式会社スタンダードホメオパシー代表取締役
東京スクールオブホメオパシー代表
一般社団法人日本クラシカルホメオパシー協会設立メンバー

英国でホメオパシーを学び、2002年より日本で活動を始める。
ホメオパシー教育指導歴13年。数多くの生徒の指導に携わる。2008年に(株)スタンダードホメオパシーを設立し、東京スクールオブホメオパシーを開校する。留学中は、英国に留まらず、インド、ギリシャ、アイルランドなどで精力的に研鑽を積む。現在は東京と福岡を拠点に、ホメオパシーの普及とプロフェッショナルの育成に努めている。

森本 千佳
ロータスホメオパシーセンター代表
一般社団法人日本クラシカルホメオパシー協会理事長

オーストラリア初の日本人ホメオパス。2005年より日本で活動を始める。現在、福岡でロータスホメオパシーセンターを主宰、ホメオパシークリニックでコンサルテーションや講座を中心に活動。また、ホメオパシーだけでなく、オーストラリアンブッシュフラワーエッセンスセラピスト(オーストラリアにて創始者:イアン・ホワイト氏に師事)としても活躍している。最近は新しい手法である「レメディー心理学(商標登録出願中)」を提唱しホメオパシー界に新風を吹き込んでいる。

Murray Feldman -マレー・フェルドマン-
バンクーバー・ホメオパシック・アカデミーの創設者、校長。

30 年以上、ホメオパシーの実践、教育に携わり、イギリス、カナダを中心として世界各国で指導にあたる。現代ホメオパシー界の第一人者。インドのラジャン・サ ンカラン、イギリスのミシャ・ノーランドを始めとして、世界の著名ホメオパスとの親交も深い。「ホメオパシーを学び始めた学生が思考のパラダイム・シフト を経験するのが楽しみ」と日本の学生にホメオパシー哲学を教えることを心待ちにしている。

Susan Gimbel -スーザン・ギンベル-
バンクーバー・ホメオパシック・アカデミー講師。

インドおよびカナダで20年以上のホメオパシーの実践と教育歴を持つ。ジェレミー・シェアやインドの(ラジャン サンカランを代表とする)ボンベイ・グループと定期的に共同研究を行っている。
ケースの的確な分析と体系化されたレメディの解説は学生に好評。人を包みこむような雰囲気と物柔らかな語り口で、クライアントを“また、来たい”という気持ちにさせるホメオパスである。

今井美香子

アメリカでDr. Voraに師事した後、日本・英国でホメオパシーを学び臨床に従事。
2008年から当校主任講師を勤める。ホメオパシーの他、フラワーエッセンスのプラクティショナーとしても活躍中。
現在シンガポール在住。Holistic Health Care SG代表。国内外で自然治癒力を活かした健康法としてのホメオパシー・フラワーエッセンスの普及に努めている。

早川敏之

医学博士。獣医師。
元東京慈恵会医科大学准教授。
白鴎大学講師。
東京慈恵会医科大学講師。
国際筋膜研究会会長。
日本リンフ・フロー研究会会長。
ジャパンカレッジオブオステオパシー講師。